誰にも言えない水虫の悩みは皮膚科へ|信頼できる病院で早めに治療

医療従事者

皮膚科で治してもらおう

看護師

巻き爪は深爪や遺伝、足にフィットしていない靴などの原因によって起こります。巻き爪になると足指のお洒落が楽しめないだけでなく、症状が進むと痛くなったり傷口が開いたりするので東京の皮膚科で早めに相談することをおすすめします。

View Detail

イチオシリンク集

  • からすま丸田町皮フ科クリニック

    土日も診療しているのでおすすめです。京都の皮膚科では保険診療も自費診療も行なっているのでおすすめです。

足の爪のトラブルを治療

看護師

東京エリアの皮膚科では、女性に多い巻き爪に対しての治療にワイヤー装着を提案しています。目立ちにくく、痛みを軽減させながら巻きを取るためには、爪が伸びるまでの期間、治療を進める必要があるため、根気よく長い目での治療を視野に入れることもポイントです。

View Detail

痛みを改善できます

ドクターとナース

巻き爪は自分で治すことが困難なので、医療機関を訪ねて治療してもらうことが大切です。爪のケアや日常生活を原因として巻き爪が発生することがあるので、まずはカウンセリングを受けてみましょう。専門医が的確なアドバイスをしてくれます。

View Detail

皮膚科で診察してもらおう

医者

足の悩み

水虫は恥ずかしい病気というイメージがある為、自分が水虫かもしれないと思ってもなかなか病院に行くことができない方が多いです。水虫はおじさんの病気と思われがちですが、患者さんは男女同じぐらいの割合でいらっしゃいます。女性は特に病院へ行きづらいと思います。病院に行かずに治療する方法は、市販の薬を塗ることと足が蒸れないようにしておくことです。この方法で症状が良くなれば良いのですが、なかなか良くならない場合は早めに皮膚科に行くことをおすすめします。皮膚科に行って本当に水虫なのか診断してもらう必要があります。自分では水虫だと思っていても、実は違う病気だったということも多々あります。まずは専門医の診察を受けることが大切です。専門医の方は毎日患者さんを診ていますので、恥ずかしがる必要はありません。

専門医を受診しよう

皮膚科に行くと、市販されていない飲み薬が処方されることもあります。爪にまで達してしまった水虫に非常に有効です。また、塗り薬では治癒しなかった水虫にも効果を発揮しますので、お悩みの方は一度医師に相談してみると良いです。この飲み薬は、肝臓に負担がかかりますのでしっかりと医師の処方を受けて定期的な血液検査を行う必要があります。皮膚科の医師であればどのぐらいの期間飲むのか、どのような副作用があるのかも説明してくれますので安心して治療を受けることができます。的確な治療を行ってくれる皮膚科はインターネットの口コミなどで見つけることができます。信頼できる医師を見つけ、指示された期間治療を続けることが完治への近道です。